*

タバコに含まれる一酸化炭素の害まとめ~体に及ぼす意外な影響とは?

「タバコの三害」というと、ニコチン・タールに加えて”一酸化炭素”です。

一酸化炭素というと、ガスストーブなどの不完全燃焼で、毎年事故が起きて死者も出ているのでごぞんじかもしれません。

ではこの一酸化炭素の正体とは?また、なぜ体に悪いのでしょうか?

Sponsored Link

通常、炭素を含む物質が燃焼すると二酸化炭素(CO2)が発生します。しかし、酸素が不十分な状況下で燃焼、つまり、不完全燃焼した場合は一酸化炭素(CO)が発生します。

タバコが燃焼する際は、基本的には新鮮な空気を吸い込みながら燃焼するものですので、大半は二酸化炭素になります。

しかし、狭い紙筒の中で燃焼させますので、一部分不完全燃焼となり、1%~3%程度の一酸化炭素が混ざってしまうのです。

一酸化炭素はどんな特徴がある?体に及ぼす害とは?

私達が呼吸して酸素を使うことが出来るのは、「ヘモグロビン」という物質のおかげであるとご存知でしょうか?

酸素は、血中のヘモグロビンという物質に運ばれて体中に行き渡ります。全身の細胞や組織にまで行き渡るのは、ヘモグロビンが”運び屋”の仕事をしてくれているからなんです。

しかし、一酸化炭素は、このヘモグロビンの働きを邪魔してしまうのです。具体的には、酸素に比べて200倍以上ヘモグロビンと結びつきやすい性質があるため、酸素を運ぶ仕事を邪魔してしまうのです。

それで、当然一定以上吸ってしまうと、酸欠状態になり死に至ります。さらに、少量であっても一酸化炭素が体内に入ると、軽い酸欠状態になってしまうのです。

一酸化炭素がヘモグロビンと結びついた状態は、一度起こると3~4時間は持続します。つまり、この酸欠状態は3~4時間続いてしまうのです。

たばこを吸い続けるとどういう影響を受ける?

3時間毎等にタバコを吸ってしまうと、延々と酸欠状態が続くことになります。

酸欠状態だと、運動能力はもちろん、脳の働きも低下してしまいます。

また、赤血球が異常に増えてしまうという症状が出てしまうことがあります。こうなると、血液がドロドロになり、頭痛、しびれ感、血圧上昇などが引き起こされることがあります。

また、動脈硬化の原因になるとも言われています。

「一酸化炭素」と聞くと、それほど怖くないように感じてしまいますが、本当はとても恐ろしい物質なのです。

タバコにこのように、害が非常に多いです。あなたも、一日も早く禁煙に成功されることをお祈りしています。

Sponsored Link

投稿日:2013年11月19日 更新日:

Copyright© 禁煙成功ナビ , 2017 AllRights Reserved.