*

禁煙すると肌が若く綺麗に!タバコで老ける、恐ろしい理由とは?

少し時間はかかりますし、個人差もありますが、禁煙すると肌が綺麗になります。それも、単に表面が綺麗になるのではなく、細胞の奥から若返ったようになり、張りも出てきます。

逆に言うと、タバコを吸っていると10歳ぐらい老けたような肌になってしまうわけです!

ほうれい線・目の下の小じわなどに始まり、全体的にたるんだ感じで色も黒っぽくなります。シミも増えます。歯もヤニで黒くなります。

この老けた顔を「スモーカーズ・フェイス」と呼んだりしますが、実は文字通り細胞が劣化してしまっています。

Sponsored Link

タバコが肌を汚く老けさせてしまう3つの理由

まず一つ目の理由は、タバコを吸うと、血管が収縮しますので、栄養が行き渡りにくくなるということです。肌まで栄養が届かないので劣化を引き起こすということです。

2つ目の理由は、女性ホルモンの分泌を抑えるということ。女性ホルモンは、美肌の素ともいわれるコラーゲンの産生を促す働きもしていますので、当然肌は汚くなります。

さらには、細胞を傷つける「活性酸素」を大量に発生させてしまうということ。そのため、ビタミン類が消費されてしまいますし、体が”錆びる”わけです。本当に、文字通り細胞が”錆びて”しまい、10年分は劣化するという見た目以上に恐ろしい事態になっているんです。

ちょっとでも肌にトラブルを感じているようならすぐ禁煙を!

女性はもちろん、男性でも老け顔が好かれるなんてことはまずありません。

「なんとなく顔がどす黒くなってきた」
「シワが深くなった気がする」
「シミが増えてきた」

こんな覚えはありませんか?ちょっとでもドキッとしたあなた、コレを機会に禁煙されることを強くオススメします。

タバコの行き着く先はガンです。あなたの愛する家族や友人のためにも、是非禁煙を成功させてください!

正しい方法で禁煙すれば、ほとんどストレスなく上手にやめることも可能です。当サイトでも情報を提供していますので、ご参考にしてみてください。

Sponsored Link

投稿日:2014年4月10日 更新日:

Copyright© 禁煙成功ナビ , 2017 AllRights Reserved.