*

ニコチンパッチの効果と副作用@成功したいなら使う前に必読!

禁煙したいと思っている人にとって、ニコチンパッチはかなり有名な手段ではないでしょうか。

ニコチンには惑溺性(中毒性)がありますから、突然やめるといわゆる”禁断症状”が出ると言われています。

そこで、タバコを吸うのを辞めても禁断症状が出ないように、皮膚からゆるやかにニコチンを取り入れようというのがニコチンパッチの目的です。

Sponsored Link

ニコチンパッチの効果とは?

ニコチン中毒によって起こる「タバコが吸いたい」という気持ちが収まる効果があります。貼ってからすぐニコチンが吸収されはじめ、約5分程度でニコチン切れの症状が収まります。

とはいえ、根本的にニコチン中毒が治ったりはしませんし、心理的な依存についてはなんの助けにもなりません。

あくまで、ニコチン切れを一時的に緩和するだけのものと言えます。禁煙の補助としてはとりあえず有効なのではないでしょうか?

ニコチンパッチの副作用は?

極端な例ですが、体中にニコチンパッチを張り付ければ途端にニコチンの過剰摂取になり命が危険にさらされます。それほど強力なのです。

副作用としては、覚醒作用による不眠や、貼りつけた皮膚がカブれるなどといった事があります。

いずれも、寝る前には剥がす、かぶれたら貼る場所を変えるなどとして対処が可能ですので、大きな問題にはならないのが普通です。

ニコチンパッチの注意点は?

まずは価格でしょうか。もし、薬局・薬店で購入するとなると、保険適用がないので数万円の出費になります。使い方を間違える可能性も考えると色々心配でもあります。

今では病院でもらうなら”禁煙外来”として、保険適用が出来るようになりましたが、その場合でも診察料も含めると2万円前後かかるのが普通です。

他の点として、タバコを吸いたい気持ちは抑えますが、ニコチンを摂取していることに変わりは無いということも覚えておきましょう。上手に使用しなくては、結局はニコチン中毒のままになり、本末転倒です。

さらに、心理的に依存している場合、つまり、タバコを吸うという行為そのものに魅力や必要性を感じている場合は、いくらニコチンの対策をしても、結局は禁煙に失敗してしまうという可能性もありますので要注意です。

「使いたくない」or「あまり意味が無い」と感じる人も

ニコチンパッチは有用ですが、あくまでも禁煙の一手段でしかありません。

薬物としての中毒性だけでなく、心理的な中毒性も強いのがタバコ。

手持ち無沙汰になるのに耐えられず、結局禁煙に失敗する人も非常に多いのです。

そういったことを経験した人の中には、「やはりニコチンパッチでは不十分だ」と感じる人も多いのです。

当サイトでは、そういったケースも総合的に考えて、こういったグッズにだけ頼るのではなく、身体的・心理的 両方のアプローチから禁煙されることをおすすめします。

こちらのページでは、禁煙をするにあたってどういう考え方をしたら良いのか、論理的にご紹介していますので参考にしてくださいね。

あなたも、タバコから自由にされて健やかな毎日を過ごされることを心より願っています。^^;

Sponsored Link

投稿日:2013年7月4日 更新日:

Copyright© 禁煙成功ナビ , 2017 AllRights Reserved.